古銭的価値銀行券として有効かどうかがポイント

昭和時代の貨幣でも、古銭的な価値のあるなしを問われれば、実は「古銭的な価値はある」が答えとなります。聖徳太子100円札を例に説明したいと思います。聖徳太子100円札は、昭和初期から戦後直後までに、通称「乙号券」から「A号券」まで4種類が発行された紙幣です。A号券の場合は、現在でも銀行券として使用出来るため、古銭的な価値は、他の聖徳太子100円札と比べるとかなり低い傾向があります。けれど、一般的にA号券も含めた4種類とも、額面以上で買い取られている古銭です。

古銭はアンティーク?保存状態で買取価格が変わる

材質上、保存が難しい紙幣の場合は、古銭のコンディションが買取価格に大きな影響があります。古銭はアンティーク的な意味合いも強いため、ヒビや傷が目立つツボは買取価格が落ちることと、同じことだと考えるのが良いでしょうね。聖徳太子100円札のケースでは、美品ならばA号券でも1000円を超える買取価格となるのが一般的です。紙幣の性質上、未使用品ほど完璧なコンディションの古銭はないため、聖徳太子100円札のケースでも、未使用品は美品状態の100円札と比べても、倍以上の買取価格となる例が一般的です。

エラープリント判断はプロに任せろ!

古銭でより価値が高くなる傾向の品に、エラー古銭があります。機械により貨幣が作られる時代になっても、エラー貨幣がなくなることはなく、聖徳太子100円札のケースでも、エラープリントの古銭となると、買取価格が跳ね上がります。とはいえ、どこがエラーなのかを素人である我々が判断することは難しいのが現実です。現在では、専門業者がオンライン査定サービスを導入しているケースが多いため、古銭を見つけたら、画像を添付したメールを送り、専門業者にオンライン査定を依頼することが、無駄な労力を使わずに古銭の価値を知ることが出来る方法でしょうね。

古銭の買取の実績がある店舗では、国内で現存する貨幣の特徴に詳しいスタッフが揃っていることが特徴です。